更新履歴
白い錠剤と瓶

テグレトールは、1966年に発売された抗てんかん薬で、脳の活動を抑える作用があるため、さまざまな病気に使用されています。
てんかんは、脳内を走る電気が、何らかの原因によってショートしてしまい、発作やけいれんなどの症状を起こす病気です。
通常脳波として体の外からくる情報を脳内に流していますが、この電気が過剰に流れてしまうと、脳内から体に送られる信号が乱れ、突然意識を喪失したり、手足が硬直するなどの発作が起こってしまいます。

てんかんには、部分てんかんと全般てんかんがあり、部分てんかんは、脳内の電気が部分的のショートしてしまい、徐々に広がっていく症状で、全般てんかんは、一度に脳全体の電気がショートしてしまう症状です。
テグレトールは、部分てんかんの第一選択薬で、強直間代発作をのぞいて、全般てんかんの症状には効果がありません。

部分てんかんには、側頭葉てんかん、前頭葉てんかん、頭頂葉てんかん、後頭葉てんかんがあります。
側頭葉てんかんは、何らかの前兆のあとに、一点を凝視して、無意味な動作を繰り返すのが特徴です。
前頭葉てんかんは、複雑部分発作や、全身けいれん発作、転倒発作があります。
頭頂葉てんかんは、しびれや痛みなどの近く症状があらわれ、後頭葉てんかんは、目の前に光が見えるといった視覚発作があります。

部分てんかんの症状は大きく分けると、単純部分発作と複雑部分発作に分かれます。
単純部分発作は、手や顔の一部が無意識のうちにピクピクとしたり、勝手に声がでてしまうといった症状が起こる運動発作や、体の一部がしびれたような感覚になったり、見えるはずのないものがみえたりする感覚発作、嘔吐や胸の締め付けといった自律神経発作、いわれていることの意味が突然わからなくなったり、急に恐怖や不安を覚える生鮮発作などがあります。
複雑部分発作は、意識が遠のいて発作が起こるのが特徴で、発作中は自分が何をしているか自覚がありません。

サイト内検索