• ホーム
  • テグレトールでアレルギーもQT延長症候群は伝達必須

テグレトールでアレルギーもQT延長症候群は伝達必須

てんかんの治療薬であるテグレトールを服用すると、アナフィラキシーショック症状やじんましん、全身への発赤、呼吸困難、顔や喉の腫れなどのアレルギー症状が現れることがあります。
典型的な薬アレルギーです。
症状が重篤でない場合は、てんかんの治療が優先され、服用中止とはならないことも多いようです。
しかし、アレルギー症状の緩和は必要なので、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン薬を服用することになります。

テグレトールアレルギーという呼ばれ方もするほど、この副作用は珍しくなく、そのための薬疹かどうかは検査をするとはっきりとわかります。
症状がひどい場合は、セカンドオピニオンを聞くという方法もあります。
自己判断ですぐテグレトールの服用を中止すると、てんかんの症状がコントロールできなくなる可能性がありますので、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

薬がアレルゲンとなっていて、しかもそのアレルゲンである薬の服用が続くと、アレルギー症状がひどくなっていく可能性が高いです。
アレルゲンを避けるのが、アレルギー治療では何よりも大事なことだからです。
症状がひどくなって収拾がつかないような状態になると、ステロイドを使わざるを得なくなります。
アレルゲンを摂取し続けてステロイド、というのは決して望ましい状態ではないので、他の方法がないか当たってみてもいいでしょう。

なお、QT延長症候群の治療を受ける場合は、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の服用歴を必ず医師に伝える必要があります。
QT延長症候群は、突然死の可能性もある深刻な症状で、その治療の際に問題となりますので、飲まなくて済む薬はなるべくなら飲まないで済む状況にしておいたほうが無難です。