• ホーム
  • テグレトールは興奮状態を抑えるので躁鬱にも効く

テグレトールは興奮状態を抑えるので躁鬱にも効く

笑っている女の人

テグレトールの成分はカルバマゼピンであり、これは抗てんかん薬として有名な薬です。
てんかんというのは脳の神経細胞が興奮状態になる事で起きる症状であり、痙攣を起こしたり意識を失ったりします。
カルバマゼピンはナトリウムチャネル阻害薬であり、神経細胞のナトリウムチャネルと呼ばれるナトリウムイオンの通り道を塞ぐことによってナトリウムイオンの細胞内への流入によって興奮状態を引き起こす事を防ぐ効果があるのです。
だからこそ脳の神経細胞が異常興奮となるのを防ぎ、てんかんに対して有効であるのです。

そして脳の興奮状態を抑える作用があるという事はてんかんに対してのみ有効という訳では無く、脳の興奮が関係する他の症状に対しても有効であるという事で、躁鬱の中でも異常に気分が高揚する躁状態に対しても効果があります。
その他にもカルバマゼピンは神経伝達を抑える事によって痛みの神経を抑える事も可能であり、三叉神経が圧迫される事によって起きる三叉神経痛の治療薬としても用いられます。

なお、テグレトールはてんかんに対して有効な治療薬とは言ってもてんかんにも色々と症状があり、その原因によって適切な治療薬は異なります。
テグレトールはその中でも脳の一部が興奮状態となる部分発作の第一選択薬として用いられます。
部分的では無くて脳全体が興奮状態となる全般発作については、突然意識を失って転倒し、全身が硬直後、一定のリズムで手足が痙攣する強直間代発作に対しても有効です。
その一方で強直間代発作と同じ全般発作であっても、短時間意識を失う欠神発作や筋肉が一瞬収縮するミオクロニー発作、全身の筋肉の緊張が喪失して力が抜けてしまう脱力発作に対しては無効とされています。