• ホーム
  • テグレトール服用後は眠気に注意

テグレトール服用後は眠気に注意

メガネをかける女の医者

てんかんは脳の異常興奮によって起きる症状であり、大別すると脳の一部で起こる部分発作と脳の大部分あるいは全体で起きる全般発作の二つに分ける事が出来ます。
さらにてんかんは症状に応じていくつか細かく分類する事が出来るのですが、そうしたてんかんの症状に合わせて治療薬は選択する必要があります。
テグレトールの場合は部分発作に対して有効な薬であり、全般発作でも強直間代発作と呼ばれる発作に対しては有効なのですが、欠神発作などテグレトールでは効果が無いてんかん発作もあります。
それではテグレトールはどうしててんかんに対して有効であるのかを説明します。

てんかんは脳の異常興奮が原因であると説明しましたが、素の異常興奮が起きるのには神経細胞へのイオンの侵入が大きく関係しています。
イオンにはプラスの電荷をもつナトリウムイオンやカルシウムイオンの他に、塩化物イオンなどのマイナスの電荷をもつイオンもあります。
神経細胞の内部は普段はマイナスの電荷となっているのですが、そこにプラスの電荷を持ったイオンが侵入して細胞がプラスの電荷をもつようになると電気的な刺激が起きて脳が興奮状態となります。

テグレトールはナトリウムイオンが細胞内に入るのを抑制する作用があり、それによって脳が興奮状態にならないようにする事でてんかんに対して有効となっています。
テグレトールを服用する際には色々と副作用もあり、眠気やめまい、倦怠感、おう吐感などが挙げられます。
万が一にも事故が起きた場合は大変な事になりますので、テグレトールを服用している時には集中力が必要な作業や自動車の運転などは危険であり、後悔してしまう事態にならないようにそうした作業をするのは避けておくべきです。